自粛は本当に効かないのか? 高市早苗人気の行方は? コロナと選挙の秋に備えよ──ゲンロン特別無料放送:『新プロパガンダ論』で時事を語る #3

ネットで
見る

  • 一般
    無料

【イベント概要】

新プロパガンダ論』の著者である辻田真佐憲(近現代史研究家)・西田亮介(社会学者)の両氏と、司会の東浩紀による、ゲンロン特別無料時事分析放送第3弾!

メディアと政治の両面から鋭く切り込み、おおきな反響を呼んでいる時事分析シリーズ。今年3月放送の第1弾、6月放送の第2弾はともに9月現在で10万再生を超えている。

前回から3ヶ月、ワクチン接種が進み、東京五輪・パラリンピックは開催されたが、変異株の流行により感染は拡大。自粛中心のコロナ対策は綻びが明確になっている。他方で10月の衆議院議員任期満了が近づくなか、菅総理は9月末に行われる自民党総裁選への不出馬を表明、次期首相をめぐり報道が加熱している。

僅か1年の短期政権となった菅政権とはなんだったのか。総裁選はどうなるのか。総選挙はどうなるのか。さらにはそもそもこれからのコロナ対策はどうあるべきなのか。

いつもと同じく、YouTubeで1時間半の本編放送が行われたあと、17時からは有料で二次会トークも配信。ただしこちらは今回は「ゲンロン友の会」の会員限定。視聴方法はこちらをご覧ください。

政治の戦場はいまや嘘と宣伝のなかにある!

※ 放送のみ(会場は無観客)のイベントです。

 

201612
辻田真佐憲+西田亮介『新プロパガンダ論』(ゲンロン)

辻田真佐憲 Masanori Tsujita

1984年、大阪府生まれ。評論家・近現代史研究者。慶應義塾大学文学部卒業、同大学院文学研究科中退。政治と文化芸術の関係を主なテーマに、著述、調査、評論、レビュー、インタビューなどを幅広く手がけている。単著に『防衛省の研究』(朝日新書)、『超空気支配社会』『古関裕而の昭和史』『文部省の研究』(文春新書)、『天皇のお言葉』『大本営発表』(幻冬舎新書)、『空気の検閲』(光文社新書)、共著に『教養としての歴史問題』(東洋経済新報社)、『新プロパガンダ論』(ゲンロン)などがある。監修に『満洲帝国ビジュアル大全』(洋泉社)、『文藝春秋が見た戦争と日本人』(文藝春秋)など多数。軍事史学会正会員、日本文藝家協会会員。

西田亮介 Ryosuke Nishida

1983年京都生まれ。東京工業大学リベラルアーツ研究教育院/環境・社会理工学院准教授。博士(政策・メディア)。専門は公共政策の社会学。著書に『ネット選挙——解禁がもたらす日本社会の変容』(東洋経済新報社)、『無業社会——働くことができない若者たちの未来』(工藤啓との共著、朝日新書)、『情報武装する政治』(KADOKAWA)がある。

東浩紀 Hiroki Azuma

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(1998年、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(2001年)、『クォンタム・ファミリーズ』(2009年、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(2011年)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(2017年、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(2019年)、『テーマパーク化する地球』(2019年)、『哲学の誤配』(2020年)、『ゲンロン戦記』(2020年)、『忘却にあらがう』(朝日新聞出版)ほか多数。対談集に『新対話篇』(2020年)がある。

ネットで
見る

  • 一般
    無料
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2021/09/18 15:00
放送終了
無期限