仏教と論争、あるいは歴史を描くこと──『最澄と徳一 仏教史上最大の対決』刊行&『阿・吽』完結記念

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    990円
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円

【イベント概要】

平安時代に天台宗を開き、日本の仏教や文化に多大な影響を与えた最澄。今年(2021年)は亡くなってから1200年の大遠忌にあたり、天台宗総本山の比叡山延暦寺では6月に法要が行われ、東京国立博物館では10月12日から11月21日まで特別展「最澄と天台宗のすべて」が開催されるなど、節目の年の話題が続いてる。

そんななか、マンガ家のおかざき真里氏が「月刊!スピリッツ」で連載していた『阿・吽』が完結。9月に単行本最終巻の第14巻が発売された。同作は、最澄と同時代に生きた空海、そのふたりの生き様を中心に、人間味あふれるドラマを圧倒的な描写力で魅せて、幅広い読者層の支持を得ている。

また、花園大学教授で仏教学者の師茂樹氏の新著『最澄と徳一 仏教史上最大の対決』(岩波新書)が10月22日に刊行された。同書では、最澄と法相宗の徳一による「三一権実」論争を、単純な二項対立ではなく、多様な観点による新たな見取り図で解きほぐしていく。帯ではおかざき氏が「この本とは『阿・吽』を描く前に出会いたかった。美しい対決だ。」を推薦を寄せ、発売直後に重版がかかるなど好評を博している。

この度ゲンロンカフェでは、おかざき氏と師氏のおふたりに加え、私塾「上七軒文庫」を師氏とともに運営する仏教学者の亀山隆彦氏を迎えてのトークイベントを生配信する。

月9ドラマ化された『サプリ』や、11月19日公開映画の原作『ずっと独身でいるつもり?』など、現代の女性を数多く描くおかざき氏は、なぜ『阿・吽』で最澄や空海、徳一といった平安時代の仏教僧を描いたのか? 最澄と徳一は仏教史上まれに見る大論争をどのようにくり広げたのか? 現代のわれわれはその論争の歴史から、なにを学ぶことができるのか?

仏教や歴史に詳しくないという人も必見! 絶対にお見逃しなく!

※ 放送のみ(会場は無観客)のイベントです。 

最澄と徳一
師茂樹『最澄と徳一 仏教史上最大の対決』(岩波新書)

 

阿・吽
おかざき真里『阿・吽』第14巻(ビッグコミックススペシャル)

師茂樹 Shigeki Moro

仏教学者。専門は東アジア仏教思想・人文情報学。最近は、仏教からAIやロボットをどうみるか、ということも考えている。現在、花園大学教授。2019年、亀山隆彦らと上七軒文庫を立ち上げる。著書に『論理と歴史――東アジア仏教論理学の形成と展開』(ナカニシヤ出版)、『『大乗五蘊論』を読む』(春秋社)、共著として『療法としての歴史〈知〉――いまを診る』(森話社)、Transmission and Transformation of Buddhist Logic and Epistemology in East Asia(ウィーン大学)など。

おかざき真里 Mari Okazaki

多摩美術大学卒、広告代理店博報堂を経てフリー。 『サプリ』月9ドラマ化、『渋谷区円山町』映画化、『彼女が死んじゃった。』(原作一色伸幸氏)日テレ土9ドラマ化等。 スペイン、イタリア、台湾、韓国、ポルトガルなどで出版されている。 2021年9月に『阿・吽』最終14巻が発売。現在、祥伝社FEEL YOUNG『かしましめし』、週刊SPA!『あなたに聴かせたい歌があるんだ』(原作・燃え殻)連載中。

亀山隆彦 Takahiko Kameyama

奈良県出身。龍谷大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。米国仏教大学院(Institute of Buddhist Studies)博士研究員を経て、現在は、京都大学こころの未来研究センター研究員、龍谷大学非常勤講師、同大学世界仏教文化研究センター研究員、上七軒文庫合同会社代表。専門は日本仏教学、密教学、中世禅。著書に『中世禅の知』(共編著、臨川書店、2021年)、『日本仏教と論義』(共編著、法蔵館、2020年)、『中世禅籍叢刊別巻 中世禅への新視角 『中世禅籍叢刊』が開く世界』(共著、臨川書店、2019年)等がある。

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    990円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2021/11/20 19:00
公開終了
2022/05/20 23:59
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2021/11/20 19:00
タイムシフト視聴終了
2021/11/28 23:59