小川哲の文学BAR#4善悪の彼岸と文学──『爆発物処理班の遭遇したスピン』『地図と拳』W刊行記念

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    990円
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円

【イベント概要】

SF作家の小川哲さんがホストを務める読書トークシリーズ「小川哲の文学BAR」第4回は、小説家の佐藤究さんをゲストにお招きします。佐藤さんはゲンロンカフェ初登壇です。

佐藤さんは昨年『テスカトリポカ』で第165回直木三十五賞と第34回山本周五郎賞を受賞し、おおきな注目を集めました。今年6月下旬に発売された待望の最新短編集『爆発物処理班の遭遇したスピン』(講談社)も、佐藤さんの圧倒的な筆致による異次元の面白さと評判になっています。

小川さんもおなじく6月下旬に最新作『地図と拳』(集英社)を上梓。第38回日本SF大賞と第31回山本周五郎賞を受賞した『ゲームの王国』以来、約5年ぶりとなる長編小説で、発売直後に重版がかかるなど、こちらも話題沸騰中です。

今回はおふたりの最新作『爆発物処理班の遭遇したスピン』と『地図と拳』、それから近著である『テスカトリポカ』『嘘と正典』をそれぞれ読み解きながら、長編と短編の違いや執筆の裏話なども伺いつつ、小説や物語の最前線、小説家としての人生についてまでたっぷりと脱線を交えながら語り合っていただきます。どうぞお見逃しなく!

※ 放送のみ(会場は無観客)のイベントです。


佐藤究『爆発物処理班の遭遇したスピン』(講談社)


小川哲『地図と拳』(集英社)

※ 以下より本シリーズのバックナンバーをご覧いただけます。
【小川哲の文学BAR #3】 京極夏彦×小川哲『小説家は何を読み、何を物語るのか』(2021/12/06開催)
【小川哲の文学BAR #2】 今村昌弘×呉勝浩×小川哲『真夏のミステリー×SF読書会』(2021/08/26開催)
【小川哲の文学BAR #1】 万城目学×小川哲『万城目学ともろざし読書会』(2020/02/15開催)

佐藤究 Kiwamu Sato

1977年、福岡県生まれ。2004年、佐藤憲胤名義の『サージウスの死神』が第47回群像新人文学賞優秀作となり、同作でデビュー。16年『QJKJQ』で第62回江戸川乱歩賞を受賞。18年、『Ank: a mirroring ape』で第20回大薮春彦賞、および第39回吉川英治文学新人賞を受賞。21年、『テスカトリポカ』で第34回山本周五郎賞、第165回直木三十五賞を受賞。

小川哲 Satoshi Ogawa

1986年千葉県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程退学。2015年に第3回ハヤカワSFコンテスト〈大賞〉を『ユートロニカのこちら側』で受賞し、デビューを果たす。2017年に第2長篇となる『ゲームの王国』を上梓し、同作で第38回日本SF大賞、第31回山本周五郎賞を受賞。
2019年9月、短篇集『嘘と正典』を刊行。

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    990円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2022/07/25 19:00
公開終了
2023/01/22 23:59
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2022/07/25 19:00
タイムシフト視聴終了
2022/08/01 23:59